ホーム > 略歴

略歴

荒井朋子(あらいともこ)
千葉工業大学 惑星探査研究センター 上席研究員

1993年東京大学理学部地学科卒業、1998年同大学大学院理学系研究科博士課程修了。博士(理学)。大学院在学中、日本学術振興会特別研究員としてNASAジョンソンスペースセンター及びUniversity of California, Los Angelesに留学。1998年から2004年まで、宇宙開発事業団(現、宇宙航空研究開発機構(JAXA))にて国際宇宙ステーション及び月探査衛星かぐやの開発に従事。JAXA退職後、国立極地研究所、東京大学総合研究博物館を経て、2009年4月より現職。
 隕石やアポロ試料分析と月惑星探査機のデータ解析により、太陽系成り立ち解明を目指し研究を行うとともに、探査機に搭載する科学機器開発を行う。現在、国際宇宙ステーションにおける流星観測プロジェクト、はやぶさ2ミッション、将来月着陸探査計画セレーネ2、ヨーロッパ宇宙機関(ESA)の彗星探査ロゼッタミッションに携わる。また、2012年11月から2013年1月まで米国南極隕石探査隊に参加した。